きれいになる事ならなんでも体験レビューしちゃうよ!

福井美余先生のスキンケア〜アルケミー美容セミナー

レクシア アルケミースキンケア 福井美余先生が話をしているところ

2015.10.06

期待度★★★★★
ポイントお手入れの仕方次第で効果も変わる
目的保湿・肌トラブル回避
価格¥1,000-(税別 送料無料)

スキンケアのモデルさんに立候補!

今日は、アルケミー美容セミナーの後半戦「福井美余先生のスキンケア講座」の話。

実際にモデルを募ってアルケミーを使ったスキンケアのデモンストレーションをします。半顔メイクを落として、スキンケアの実演。ということでせっかくなので立候補w

最後にメイク直しもしてくれるとの事なので、楽しみなのです!

あとから気がついたんだけど、モデルさんに立候補するとメモが取れない!先生の言ったことを記憶しなくてはならないという…(><)写真はスタッフの方が撮ってくれましたw

クレンジングと洗顔時のポイント

スキンケアのデモンストレーションは、クレンジングから始まります。今回はマスカラは落とさないクレンジング。

クレンジングの仕方にもポイントが!顔のどこからクレンジングをするかがとっても大事。どこからすると思いますか??

クレンジングや、洗顔といった落とす系のお手入れは、油が多いところから取りかかります。Tゾーン→Uゾーン→Oゾーンという順番。Tゾーンは、おでこや鼻なのはご存知ですね。Uゾーンは、ほっぺやあご、こめかみなど。最後のOゾーンは一番乾燥しやすい目の周りや口の周りのこと。

乾燥しやすいところから始めると、油がとれすぎてしまいより乾燥しやすくなるからNG。

ポイントメイクは、全体のクレンジングの前に専用のメイク落しで落としておきます。ただし、ポイントメイク用クレンジングを直接肌につけないように気をつけるのが大切。直接肌につけないように気をつけるのは、無駄な乾燥を防ぐため。

更に、クレンジングのときのこする強さは、肌が動かないくらい優しくそっと動かす。これは、肌への負担をできるだけ少なくするためなんですよ。

レクシア アルケミースキンケア クレンジングをしているところ

クレンジングは肌を動かさないよう優しく

洗顔する時には、熱すぎるお湯やシャワーを直接顔に当てるのはNG。お湯の温度は32〜40℃。手のひらでしっかり洗顔。温度が高すぎると油がとれすぎてしまい、シャワーを直接顔にかけると刺激が強すぎてしまうのです。この二つのことに気をつけるだけでも顔の輪郭やあごにできるにきびや吹き出物は改善されます。

肌の温度に近いお湯で洗顔するのが大事、冷たいお水での洗顔は毛穴が縮んでしまい汚れが取りきれないのでNG。

泡立てた洗顔料は、拳1つ分で顔の半分を洗う位のイメージ。しっかりと泡立てて、肌に指が触れないくらいの感覚で汚れを落とすのがベスト。とにかく肌への刺激を極力抑えるというのがポイント!

朝の洗顔をすべきか、しないべきかは、肌の状態によって決めるとよいかも。朝起きたときにお肌がべたつく感じがあるのであれば、しっかりと洗顔料で洗顔をした方がよいし、ひどく乾燥しているのであれば、化粧水で拭き取るだけにした方がよい訳です。

うるおす保湿時のポイント

逆に、うるおす保湿のお手入れのときには順番は逆に。Oゾーン→Uゾーン→Tゾーンの順番。

化粧水の付け方は、朝と夜で変えると効果的。

夜は、手のひらで化粧水を温めて、しっかりと肌にうるおいを浸透させるべし。

朝は、コットンに化粧水を取って、パッティングをするとほうれい線対策にもなってグッド。パッティングはあくまで軽く、手首を返して風を送るように優しくパッティング。あごからだんだん上に上がっていき、こめかみを通って額まで行ったら、同じ経路を通ってあごまで戻ります。

レクシア アルケミースキンケア 化粧水でパッティングしているところ

パッティング

たったこれだけでも、リフトアップ効果とむくみ対策になりますよ。

スペシャルケアとしては、お手軽なローションパックがオススメ。

濡らしたコットンに化粧水をたっぷりとつけて、下から上に持ち上げるように顔に貼っていきます。おでこだけは上から下にコットンを貼るように!!

レクシア アルケミースキンケア ローションパックをあごに貼っているところ

あご先から耳下へコットンを引っ張りながら貼る


レクシア アルケミースキンケア ローションパックを頬に貼ったところ

コットンを上に引き上げながら貼る


レクシア アルケミースキンケア ローションパックをおでこに貼っているところ

おでこは上から下に引っ張りながら貼る


レクシア アルケミースキンケア 余ったコットンを鼻筋に貼ったところ

余ったコットンは鼻筋に

はがすときは、上から下に向かってはがします。下から上にはがすと、お肌の表面を傷つけてしまう可能性があるからです。

このローションパックをするタイミングも肌質によって違います。乾燥肌の人は、化粧水をつけた直後。にきび肌の人は、クリームを塗った後。ちょっとしたことを気をつけるだけでもお肌の状態はかなり変わるものなんですよ〜

仕上げのポイント

美容液やクリームでうるおいを閉じ込めてお手入れは完了。そのときに、簡単なつぼ押しをすることでお顔の血流がよくなり肌色が明るくなり、疲れ目も改善。つぼ押しをする指はお化粧指と呼ばれる、中指か薬指。これ以外の指だと力が入りすぎてしまうのであまりよくないんです。

レクシア アルケミースキンケア つぼ押しの様子

つぼ押しは中指で

眉頭 目頭 黒目の下 目尻 こめかみ
下から上に3秒おさえて1秒はなす×3 上から下に3秒おさえて1秒はなす×3 上から下に3秒おさえて1秒はなす×3 上から下に3秒おさえて1秒はなす×3 頭蓋骨内側に向かって3秒おさえて1秒はなす×3

同じ基礎化粧品を使っても、順番やちょっとしたプラスαをするだけで、お肌の調子は格段に変わるんです。今回、福井先生にお手入れしてもらった方の顔は、しっかりリフトアップしたし、ほうれい線が薄くなり、触った感触がぷりぷりっと弾力が違った。

レクシア アルケミースキンケア スキンケア終了後の様子

スキンケア終了〜


レクシア アルケミースキンケア スキンケアの最終確認をしているところ

前後の比較写真がないのでわかりにくいかな・・・

スキンケアは毎日のことなので、今日教えてもらったことをしっかりと日々実践していきたいと思います!!

【おまけ】きれいに写真に写る方法

ローションパック中に、手をきれいに見せるワンポイントを教えてもらいました。

手を心臓より上に上げて、指先から肘に向かって化粧水やクリームを付けて上から下になでていきます。そうすることで血管の浮き上がりが消え、手の色も明るく白くなるんですよ。写真だとちょっとわかりにくいけど右手に注目!

レクシア アルケミースキンケア スペシャルケアの様子

手は上に!


レクシア アルケミースキンケア 右手をお手入れしたところ

右手をお手入れ

手が写真に写るときはこっそり腕を上に上げて、上から下になでてから写りましょうw

レクシア アルケミースキンケアお化粧直しをした後

お化粧直ししてもらいました。

体験と詳細はこちら

“【アルケミー】保湿力と浸透力をご実感ください"

【アルケミー】に関する記事はこちら

【保湿】に関する記事はこちら

【スキンケア】に関する記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

福井美余先生のスキンケア〜アルケミー美容セミナー

2015.10.06

福井美余先生のスキンケア〜アルケミー美容セミナー はコメントを受け付けていません。

レクシア アルケミースキンケア 福井美余先生が話をしているところ
期待度★★★★★
ポイントお手入れの仕方次第で効果も変わる
目的保湿・肌トラブル回避
価格¥1,000-(税別 送料無料)

スキンケアのモデルさんに立候補!

今日は、アルケミー美容セミナーの後半戦「福井美余先生のスキンケア講座」の話。

実際にモデルを募ってアルケミーを使ったスキンケアのデモンストレーションをします。半顔メイクを落として、スキンケアの実演。ということでせっかくなので立候補w

最後にメイク直しもしてくれるとの事なので、楽しみなのです!

あとから気がついたんだけど、モデルさんに立候補するとメモが取れない!先生の言ったことを記憶しなくてはならないという…(><)写真はスタッフの方が撮ってくれましたw

クレンジングと洗顔時のポイント

スキンケアのデモンストレーションは、クレンジングから始まります。今回はマスカラは落とさないクレンジング。

クレンジングの仕方にもポイントが!顔のどこからクレンジングをするかがとっても大事。どこからすると思いますか??

クレンジングや、洗顔といった落とす系のお手入れは、油が多いところから取りかかります。Tゾーン→Uゾーン→Oゾーンという順番。Tゾーンは、おでこや鼻なのはご存知ですね。Uゾーンは、ほっぺやあご、こめかみなど。最後のOゾーンは一番乾燥しやすい目の周りや口の周りのこと。

乾燥しやすいところから始めると、油がとれすぎてしまいより乾燥しやすくなるからNG。

ポイントメイクは、全体のクレンジングの前に専用のメイク落しで落としておきます。ただし、ポイントメイク用クレンジングを直接肌につけないように気をつけるのが大切。直接肌につけないように気をつけるのは、無駄な乾燥を防ぐため。

更に、クレンジングのときのこする強さは、肌が動かないくらい優しくそっと動かす。これは、肌への負担をできるだけ少なくするためなんですよ。

レクシア アルケミースキンケア クレンジングをしているところ

クレンジングは肌を動かさないよう優しく

洗顔する時には、熱すぎるお湯やシャワーを直接顔に当てるのはNG。お湯の温度は32〜40℃。手のひらでしっかり洗顔。温度が高すぎると油がとれすぎてしまい、シャワーを直接顔にかけると刺激が強すぎてしまうのです。この二つのことに気をつけるだけでも顔の輪郭やあごにできるにきびや吹き出物は改善されます。

肌の温度に近いお湯で洗顔するのが大事、冷たいお水での洗顔は毛穴が縮んでしまい汚れが取りきれないのでNG。

泡立てた洗顔料は、拳1つ分で顔の半分を洗う位のイメージ。しっかりと泡立てて、肌に指が触れないくらいの感覚で汚れを落とすのがベスト。とにかく肌への刺激を極力抑えるというのがポイント!

朝の洗顔をすべきか、しないべきかは、肌の状態によって決めるとよいかも。朝起きたときにお肌がべたつく感じがあるのであれば、しっかりと洗顔料で洗顔をした方がよいし、ひどく乾燥しているのであれば、化粧水で拭き取るだけにした方がよい訳です。

うるおす保湿時のポイント

逆に、うるおす保湿のお手入れのときには順番は逆に。Oゾーン→Uゾーン→Tゾーンの順番。

化粧水の付け方は、朝と夜で変えると効果的。

夜は、手のひらで化粧水を温めて、しっかりと肌にうるおいを浸透させるべし。

朝は、コットンに化粧水を取って、パッティングをするとほうれい線対策にもなってグッド。パッティングはあくまで軽く、手首を返して風を送るように優しくパッティング。あごからだんだん上に上がっていき、こめかみを通って額まで行ったら、同じ経路を通ってあごまで戻ります。

レクシア アルケミースキンケア 化粧水でパッティングしているところ

パッティング

たったこれだけでも、リフトアップ効果とむくみ対策になりますよ。

スペシャルケアとしては、お手軽なローションパックがオススメ。

濡らしたコットンに化粧水をたっぷりとつけて、下から上に持ち上げるように顔に貼っていきます。おでこだけは上から下にコットンを貼るように!!

レクシア アルケミースキンケア ローションパックをあごに貼っているところ

あご先から耳下へコットンを引っ張りながら貼る


レクシア アルケミースキンケア ローションパックを頬に貼ったところ

コットンを上に引き上げながら貼る


レクシア アルケミースキンケア ローションパックをおでこに貼っているところ

おでこは上から下に引っ張りながら貼る


レクシア アルケミースキンケア 余ったコットンを鼻筋に貼ったところ

余ったコットンは鼻筋に

はがすときは、上から下に向かってはがします。下から上にはがすと、お肌の表面を傷つけてしまう可能性があるからです。

このローションパックをするタイミングも肌質によって違います。乾燥肌の人は、化粧水をつけた直後。にきび肌の人は、クリームを塗った後。ちょっとしたことを気をつけるだけでもお肌の状態はかなり変わるものなんですよ〜

仕上げのポイント

美容液やクリームでうるおいを閉じ込めてお手入れは完了。そのときに、簡単なつぼ押しをすることでお顔の血流がよくなり肌色が明るくなり、疲れ目も改善。つぼ押しをする指はお化粧指と呼ばれる、中指か薬指。これ以外の指だと力が入りすぎてしまうのであまりよくないんです。

レクシア アルケミースキンケア つぼ押しの様子

つぼ押しは中指で

眉頭 目頭 黒目の下 目尻 こめかみ
下から上に3秒おさえて1秒はなす×3 上から下に3秒おさえて1秒はなす×3 上から下に3秒おさえて1秒はなす×3 上から下に3秒おさえて1秒はなす×3 頭蓋骨内側に向かって3秒おさえて1秒はなす×3

同じ基礎化粧品を使っても、順番やちょっとしたプラスαをするだけで、お肌の調子は格段に変わるんです。今回、福井先生にお手入れしてもらった方の顔は、しっかりリフトアップしたし、ほうれい線が薄くなり、触った感触がぷりぷりっと弾力が違った。

レクシア アルケミースキンケア スキンケア終了後の様子

スキンケア終了〜


レクシア アルケミースキンケア スキンケアの最終確認をしているところ

前後の比較写真がないのでわかりにくいかな・・・

スキンケアは毎日のことなので、今日教えてもらったことをしっかりと日々実践していきたいと思います!!

【おまけ】きれいに写真に写る方法

ローションパック中に、手をきれいに見せるワンポイントを教えてもらいました。

手を心臓より上に上げて、指先から肘に向かって化粧水やクリームを付けて上から下になでていきます。そうすることで血管の浮き上がりが消え、手の色も明るく白くなるんですよ。写真だとちょっとわかりにくいけど右手に注目!

レクシア アルケミースキンケア スペシャルケアの様子

手は上に!


レクシア アルケミースキンケア 右手をお手入れしたところ

右手をお手入れ

手が写真に写るときはこっそり腕を上に上げて、上から下になでてから写りましょうw

レクシア アルケミースキンケアお化粧直しをした後

お化粧直ししてもらいました。

体験と詳細はこちら

“【アルケミー】保湿力と浸透力をご実感ください"

【アルケミー】に関する記事はこちら

【保湿】に関する記事はこちら

【スキンケア】に関する記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

アーカイブ

ブログランキング

ブログランキング 美容・ビューティーランキングへ にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ

Facebook Page

最近のコメント